So-net無料ブログ作成

豆まき 節分 由来 [節分]

豆まき 節分 由来

節分とは季節の分かれ目の意味で、元々は「立春」、「立夏」、「立秋」、「立冬」のそれぞれの前日をあらわしました。冬から春になる立春は1年の始まりと尊ばれ、そのうちに節分といえば春の節分を指すようになってきました。立春を1年の始まりの日とすれば、立春の前日つまり節分の日は、大晦日という一年の中でも大きな節目の一日となるわけです。
豆まきの由来は、もともと中国から伝えられた「追儺(ついな)」の行事「鬼やらい」、「鬼走り」、「厄払い」、「厄おとし」と呼ばれ、疫病などをもたらす悪い鬼を追い払う儀式です。文武天皇の慶雲3年(706)に行われたと「続日本紀」に書かれているそうです。

生の豆を使うと拾い忘れた豆から芽が出てしまって縁起が悪いとされました。それで豆を炒っています。
炒るは、鬼を射るに通じ、鬼や大豆は陰陽五行説(木、火、土、金、水)の五行の「金」にあたり、この「金」の力を弱める「火」で大豆を炒ることで、鬼を封じ込める意味があります。そして、最後に豆を人間が食べてしまう=鬼を退治した、ということになるわけです。



★豆まき 節分で感想の多い順に楽天を探します★









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。